読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamuccoのあれやこれやの外部記憶装置

2016年7月から、ボランティア理学療法士としてスリランカで活動中。

誕生日をなぜ祝うのか?

誕生日。
誰しも必ず持っていて、わくわくする日。

なぜ祝うのか。

1年に一回、自分の生まれた日にこの1年で達成したことを振り返り、自分自身を見つめなおす日とする。
-いいんじゃないか。

自分自身がここまで一人で生きてきたわけではなく、家族、友人、その他社会の中の大勢の人に助けられて生きてこれたので、他者に感謝への気持ちを再確認する日である。
-いいんじゃないか。

こんなにこんなに大切な日。
だけど今まで目的が違っていたなと思う。

特別な日だから、みんなでパーティーとか、大好きな人とすごす。

・・・うすっぺらい

一番気になるのはフェイスブックの機能。誕生日をプロフィールに登録しておくと、
その日と誕生日になると右端にお知らせが出てくる。

友達の誕生日を忘れることなくお祝いメッセージが送れて、いい機能だと思っていたけど、
今は疑問を持つ。

そもそもあのお知らせのせいで義務感がでる。お祝いメッセージを送らないと、って。

お知らせが出たから、誕生日であることに気づいてメッセージを送ることは、なんだか寂しい気がしてきた。

大切な人の誕生日を心から祝いたいと思ったら、その人の誕生日を覚えるか、何か自分自身でメモを残すという努力をするべきなのではないか。

SNSがなかった頃は自分で友達の誕生日を手帳に書き残して、その人の誕生日にはケータイからメールを送るということをしていたのに、最近ではそんなことする必要がなくなった。
フェイスブックでわかるしー」

そんなうすっぺらいお祝いなんていらない…?

いやいや、誕生日問題はまだ議論する余地がある。