Hamuccoのあれやこれやの外部記憶装置

ボランティア理学療法士。スリランカでの活動と生活、あれやこれや詰まってます

選択肢があること

選択肢があることは幸せだ。

しかし、その選択肢があることで人は悩み、苦しまなければならないことも往々にある。

 

1年前くらいに日本理学療法士会から手紙が届いた(らしい)。

 

内容は、休会に関する規定の変更。

それに付随して、休会中の会員は平成25年3月末までに復会OR休会延長の手続きをしなければ退会になるとのこと。

 

だが、この国にいなかった私は休会中。そして、そんな規定の変更は伝えられることなく、9月に帰ってきてから知った。

もうその頃には自動的に退会。

 

一瞬、しまったーーー…と思った。休日返上して行ったスタンプラリー(新人教育プログラム)が無効になるじゃんって。

 

だけど、この協会に入ってなくても仕事はできる。入ってなくても大きな問題じゃない。

年会費は2万円かかるしなーとも思ってたし。しゃーないかと思った

 

協会から休会者に向けてまた文書が届いた。

平成25年3月末日の時点で手続きが完了していない休会中の会員が多すぎるので、この休会期間満了日を延長するそうだ。

 

えぇぇぇぇぇーー

 

めっちゃ悩むじゃん。

復会か、休会延長か。

 

退会は避けれたので、ラッキーと思うべきなのか。。。