読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamuccoのあれやこれやの外部記憶装置

2016年7月から、ボランティア理学療法士としてスリランカで活動中。

理学療法士と靴下と私

「靴下が履けないんです」

f:id:Hamucco:20160306231443j:plain

 2月になると毎年思い出すことがあります。

評価実習。

私が、理学療法士って素敵な仕事だなーって気づいた実習です。

 

理学療法士の養成校では、実際に病院等に行かせていただき、そこで働く理学療法士の元で行う、見学実習、評価実習と総合実習等があります。

 

私たちの学校では、

1年生で2日間の見学実習

2年生で3週間の評価実習

3年生で7週間の総合実習×3回

 

評価実習は初めての長い実習。ドキドキ、ハラハラ、ヘトヘト。

 

私の担当症例の患者さんは、大腿骨頸部骨折(人工骨頭置換術)の女性。

既往歴リウマチ。

 

実習生の私は、勉強として検査・測定をさせていただく。

(これは患者側にメリットはほぼない)

 

 

ある日、その症例さんから

「靴下が履けないんです…」と。

座って、体をかがめてやろうとするが、禁忌姿位に配慮してできない。

うーん。。するとバイザーから、

「じゃあ、ベッドの上でやってみませんか」と長座位で試してもらう。

 

「履けた!!」

あの嬉しそうな顔は忘れられません。

 

 

その時に、

患者さんの「できない」を「できる」に変える

そんな理学療法士って素敵だと思いました。

 

 

その評価実習から早10年。

先日も、「靴下履けない利用者」に遭遇し、試行錯誤の上、履けるようになりました。

やっぱり、嬉しそうな笑顔だった~。

 

活動を変えるための機能改善・環境調整。

 

 

よく怒られた評価実習。

寝不足だった評価実習。

寒かった評価実習。

私の原点です。