Hamuccoのあれやこれやの外部記憶装置

ボランティア理学療法士。スリランカでの活動と生活、あれやこれや詰まってます

無意味な叫び、助けて―寒いよー

久々に寝込みました。

 

熱が39度まで上がり、まさかデング熱かな…

と焦りましたよ(/・ω・)/

 

その日は午後から何とかく不調で、6時に床に就きました(激早)。

もちろん眠れるわけはなく、

大家さん一家の騒ぎを遠くに聞きながら目を閉じていました。

 

「お父さん‼ねずみが落ちてきたーー‼」

「どこにだ?!」

「ワンワン‼」

「ワンワン‼」

「そこそこ。カル―(犬)だめ‼」

「猫はどこだ?!連れてこい!!」

 

どこかからネズミが落ちてきて、犬が大興奮。その犬の声にもう1匹も大興奮。

猫を連れてきて、ネズミ捕獲をしようとしたみたいです。

 

完全な余談です。

 

ネズミ落下事件の後、朝3時。

「寒いー寒い―寒いー」

「誰か―誰か―助けて―」

私です。

助けなんて来ないのはわかってるのに。

 

寒くて寒くて、目が覚めました。

尋常な寒さじゃないんです。これを悪寒というのかな。

クローゼットの中から、手持ちの最強ファイターであるフリースを取り出し着ました。

 

でも寒い!!

 

毎日暑くて、太陽なんてなくなればいいのに、と文句言ってますが、

この時ばかりは、早く太陽に会いたい、私を温めて!と心から願います。

自分勝手です。

 

寒さと頭痛で意識はやや朦朧。体温は上がる一方。

 

(こんな状態でバスで病院なんて行けない…。かといって、大家さんの車は壊れてるし、一体どうしたらいいのだ。そもそもデング熱だとしたら、このまま寝てた方が身のためじゃないのか…アセトアミノフェンなら売るほどある。うーうーうー)

 

朦朧としながらも、夜が明けてからどうするか、作戦を考えました。

 

Google先生と相談し、デング熱である可能性も考慮して、アセトアミノフェンのパナドールを1日3回だけ飲み、様子をみることに。

 

デング熱の地域では、出血傾向を高めるアスピリン系を解熱剤の第一選択にしないんですね。

万が一、重症化してデング出血熱に陥ると危険なので。

 

1日後、熱が下がりました(・ω・)

大事にならなくてよかった。

 

「助けて―寒いよー」なんて言っても何も変わらないのに、叫んでしまうのは何故でしょう。

1人は自由気ままでいいのですが、こういうシリアスな不調の時は辛いなと再確認しました。。

 

健康第一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100のやりたいこと in 2018

新年あけましておめでとうございます!

 

時差のせいで、だいぶ遅れています。

…うそです。

 

今年はスリランカで過ごす2回目のお正月。

大都市コロンボでは0時のタイミングで、

 

花火がドーン、

爆竹がパンパンパーン、

とても賑やかでした。

 

しかしながら、スリランカは1月1日は祝日ではないので、通常出勤です。。

ただ、ラッキーなことに今年は1月1日は満月の祝日。

ほんのつかの間の正月気分を味わえました◎

 

2018年は夏頃に日本に帰る予定です。

この半年間、頭痛、腹痛、膝痛、耳の閉そく感、無気力感、サボりグセ。最近は目のものもらい!

深刻ではないけど、体調が絶好調という日が皆無に等しいです。

仙豆があったらいいな~。

 

無事に帰れるのでしょうか…(笑)

健康は黄色信号ですが、残り半年の愉快なひょっこりひょうたん島生活を楽しみます。

 

去年、お友達が書いてた「やりたいことリスト100」に影響されて、お正月に作ってみました。

 

【やりたいことリスト100 in 2018】
f:id:Hamucco:20180108184943j:image


”○○さんに会う”系と”○○を食べる”系と”○○に行く”系が9割を占めていました。

(普通だなぁ)

 

 

注目すべきポイントは、”リフティング10回できる”。

コレ高校生の頃からの目標で未だ叶っておりませぬ。うぬぬ。。

今年こそは!

 

思ったことをつらつら書き綴るだけのブログ「外部記憶装置」。

ブログを作り始めて、もう7年目!

びっくり。

光陰矢の如し。

 

今年は楽しいことをたくさん書く♪

蹴り納め

週末は日本人会サッカー部の蹴り納めでした。

 

 

紅白戦15分3本。

2ゴール。

 

駐在のお兄さんたちはみんな優しいのです。

 

サッカー隊員に遠くにボールを蹴る方法をまた教えてもらいました。

ボールの下の方を足の親指の辺りで蹴るんです。パワーの問題ではないそうです。

飛ばない。難しい…

 

この1年、少しは上達したかな?!

来年の目標は、足元でトラップすること、遠くにボ―ルを蹴ること、走り負けないこと。

 

サッカー楽しい!

もっとうまくなりたいのだ

 

日本近代史のファンになる

中学のころから社会科が好きで、社会科の教員になりたいなぁ~と思った時期もあった私。

 

しかし、教育大学と教員採用試験という壁は高校生の私にはあまりにも厚く高すぎた。

「社会科は趣味!」

と決心。

 

日本史なら幕末が好きという人が多いが、私は第1次、第2次世界大戦が好きなのです。

大学では、現代史(産業革命以降~現代の世界史)のコースとって面白かった。

いや、ロシア人の先生の授業が面白かったのかな(笑)

 

ちなみに私の父は三国志の世界と、幕末が好きらしいです。

 

ところで、日本史のテキスト「金谷俊一郎の決定版日本史」を手に入れたので読んでみた。

気付いたこと。

 

幕末おもしろーい。

生麦事件が発端で、薩英戦争、そして幕府討伐へ。

 

今まで、まじめに歴史の教科書を読んだことなかったんやろうか、私よ。

高校さぼりすぎたな。

 

いくつになっても、いつになっても、物事を始めるのは遅くないのである!

任期あと7か月

スリランカに赴任して、1年5カ月くらい経ちました。

残りあと7か月くらい。

 

活動のラップアップをしよう…なんて思っている事はもちろん内緒です。

 

活動は低空飛行ですが、まずは生きていて楽しいという気持ちを一番に日々過ごしています。

 

そんなゆるい協力隊員ですが、障がい児者支援分野の隊員に声をかけて「情報交換会」なるものやりました。(総会や帰国報告会に合わせて定期開催)

 

今回は、活動紹介と社会福祉の制度のお勉強。

 

他の隊員の活動と比べるとホンマに何もしてないな~って感じる。。

環境も違うから比べてもしょうがないとは思うのですが、なんだか落ち込みますね。

 

ところで、スリランカ社会福祉制度はやっぱり遅れている。

というか、なんとなくそれっぽい支援はあるけど、なかなか財源が確保できず、

やり切れていないような気がする。

 

細かい話はまだ理解していないこともたくさんありますが、

日本とはずいぶん違っている。

 

それが悪いのではなくて、変えることは私にはできない。

だからその枠組みの中で、カウンターパートと村人たちにとって、有益となること活動は何だろう。

できることは何だろうと考える。

 

文化も含めて、スリランカ国とそこの人々をまだまだ理解できてないんだなぁと未熟さを感じる今週です。

 

あと7か月で何ができるかな