Hamuccoのあれやこれやの外部記憶装置

ボランティア理学療法士。スリランカでの活動と生活、あれやこれや詰まってます

細菌感染症と病院システム

近所に住む大家さんの親戚のおじいさん(70代)が亡くなった。

「押し寄せる介護問題 in スリランカ」のおじいさん

hamucco.hatenablog.com

なにかの細菌感染症

足の傷はら細菌感染したようである。

 

何が起こったか。

 

【1日目】

5:00am 

おじいさんから大家さんに電話。

「足がとても腫れてしまって、どうしようもない。病院に連れて行ってくれないか?」

大家さん大急ぎで、家から5キロ先にあるBASE HOSPITALへ連れて行く、入院。

*BASE HOSPITAL

公立病院。入院施設はあるが、命にかかわらない軽度の疾患や妊産婦が入院できる程度の規模の病院

8:00am

待っても待っても医師現れず。

パナドールを飲んでしのぐ。

*パナドール

アセトアミノフェン成分の薬。日本でいうバファリン的な存在で、熱、頭痛、鎮痛に用いられる

 昼前

医師現る。血液検査。

 

夕方

おじいさん血圧低下。意識低下。

DISTRICT HOSPITALへ搬送。

ICUへ入院。

*DISTRICT HOSPITAL

公立病院。県に1つある総合病院。

(とはいえ、提供される医療の質に地域差がありそう…)

 

 

【2日目】

早朝

おじいさん意識戻らず。

隣の県にあるTEACHING HOSPITALへ搬送、入院。

*TEACHING HOSPITAL

公立病院。スリランカにいくつかしかない高度医療を提供している病院。

(予備情報だが、このスリランカでボトックスが受けられる病院の一つ。にわかに信じがたいが…)

 

 【3日目、4日目】

おじいさん手術を受ける。どんな手術かなど詳細は聞いていない。

意識朦朧。

 

【5日目】

死去。

 

ここで、大家さんが漏らしていた一言。

「初めから、私が県病院(総合病院)に連れて行っていたら、おじいさんは助かっていたかもしれない。何で、最初に行った病院の看護師さんは言ってくれなかったんだろう…。」

 

たらればの話なので、今更どうしようもないし、絶対そうとも言えないし。

 

ただ、スリランカでは、日本の様に総合病院をかかる時に紹介状などは必要ないので、人々は直接、総合病院にかかることができる(スリランカは医療費が基本タダ!)。

その人のごった返し様といったら半端ない!

よくこんなにも診察までの待ち時間耐えられるなぁと感心さえする。

 

したがって、今回のケースのようなことが、もし日常的にあったとしたら…

人々の総合病院に始めからかかろう、という傾向があるのかもしれない。

 

少なくても、うちの大家さんはきっとそうするに違いない。

近所の病院に不信感を抱いている。

 

 

 

 

 

シューマイ様

スリランカに居ながら、日本でもあまり食べるチャンスにないものをいただきました。

 
f:id:Hamucco:20171109205115j:image

 

崎陽軒のシューマイ!!!とラーメン♡

 

So happy!!

Yeah!

Brovo!!

 

横浜行ったら、絶対買うやつー!

 

この貴重なギフトは、このスリランカで私が行っている日々の活動に対して、喝を入れられたのだと思っています。

 

実はこのシュウマイだけでなく、今回の同行させていただいた視察からは多くのことを学びました。

 

シューマイ様、もう少しやってみます。

見守っていてください。

 

仏陀には拝みませんが、シューマイに拝む毎日です。

忘れたいと思うことはありますか?『シロクマ実験』

f:id:Hamucco:20171108164005j:plain

 人の心には、考えないようにしようとすればするほど忘れられなくなるという傾向があるようです。

 

仕事で大きな失敗をしてそのことを忘れたいとか、失恋をしてしまってそのことを忘れたいとかいろいろあると思います。

 

しかし、「忘れたい」と思うことほど、「忘れられない」ということの方が多いのではないでしょうか?

 

そして、また「忘れないと…」と思い、忘れられなくなってしまって、また「忘れないと…」という悪循環に陥ってしまい、結局忘れられないということになってしまうのです。。

 

最近、忘れたくても忘れられない事象が発生した私。

思い出すことは「シロクマ理論」。

 

こうした「忘れる」ということについての興味深い実験が、有名な「シロクマ実験」です。

 

 

シロクマ実験

 

1987年にアメリカの心理学者であるウェグナー(Wegner, D. M.)によってトリニティ大学で行われた「シロクマ」の実験。

 

その実験は、シロクマの1日を追った映像を3つのグループに見せたあとで、各グループに次のようなことをお願いしたものでした。

グループA:「シロクマのことを覚えておいてください」   
グループB:「シロクマのことを考えても考えなくてもいいです」
グループC:「シロクマのことだけは絶対に考えないでください」

 

アメリカでもシロクマなんてそうそう見れるものではありません。

シロクマのことを考えるチャンスはそんなに多くないはずなのに、このような結果になりました。

 

忘れよう忘れよう…とするのではなく、とことん忘れたいことについて考えてもいいのかもしれませんね。

 

その方が心が落ち着いてくるかもしれません。

 

 

押し寄せる介護問題 in スリランカ

f:id:Hamucco:20171108164224p:plain

家の近所にいる大家さんの親戚のおじいさんが亡くなった。

 

そのおじいさんは70代。

 

そしてそのおじさんと同居していたおばあさん80代。(おじいさんの奥さんではない)

認知症。セルフケアは何とか自立。

 

スリランカでは、障がい者高齢者など、生活に手助けが必要な人は、家族・親戚の誰かが手伝っている。

 

そう、誰かが。

 

それは、親子だけではなく、兄弟姉妹、叔父叔母、甥姪、いとこという場合もある。

家族・親戚をとても大切にするスリランカ

ひと昔前の日本のようかもしれませんね。

 

そんなスリランカにも介護問題は押し寄せているように感じます。

 

スリランカも昔は5人6人7人と兄弟がいましたが、今は2人3人。

1っ子の家庭ももちろんあります。

 

日本と似ていますが、家庭における子供の人数が少なくなれば、その1人の子供にかける教育等の支援は多くなり、

 

その結果、子供は優秀な大学に行き、田舎ではなく大都市コロンボや海外で仕事に就くケースが増えています。

 

そもそも、田舎には仕事も少ないので、都市や海外に「出稼ぎ」という人も多いです。

 

また、海外に仕事に行き、そのまま移民し定住するケースもあるようです。

 

で、話を戻すと、

今回亡くなったおじいさんは、認知症を患うおばあさんの主介護者。

さて、おじいさん亡きあと、このおばあさんを誰が面倒をみるのか、という問題です。

 

スリランカですので、施設という選択肢などなく、親戚たち、特に同じ敷地に家を建てた親戚たち、我が大家さんが看ていくのでしょう。

 

ただ、その親戚たちも、男手は平日はコロンボで働き、週末だけ戻ってくる生活。

女性は学童期の子供たちの世話。

 

大家さんはリタイヤしているので、家にいますが、四六時中はおばあさんと一緒にいれない。

 

だから、おばあさん1人の時に何かあったら心配だなぁ、と。

 

今の日本であれば、「介護保険サービスを利用しましょう!」となるケースですね。

 

スリランカにも「介護保険サービス」のようなサービスができる日はくるのでしょうか。。。

 

ちなみに、社会福祉省の中では、今後、高齢者の施設サービスを拡充する考えもあるようです。

 

現状のスリランカ高齢者・障がい者の施設は、誰も家族のいない、世話をする人のいない高齢者、障がい者精神疾患含む)が主に入所しています。

 

高齢化が進むスリランカ

後進国から中進国入りももうすぐ。

 

この国の高齢化対策は、欧米のように施設サービス中心にするのか。

はたまた、現代の日本の様に在宅サービスを取り入れるのか。

 

前も言ったかもしれないが、とにかくお金がないスリランカ

(政府のお金の使い方は適正なのか、国民が納得している使い方なのか気になる…)

 

どうなっていくのでしょうか。 

余暇の過ごし方②YouTube

最近お気に入りのYouTubeがある。

 

「インドの○○の作り方」

インドのムンバイ在住の日本人の方がアップしているようです。

 

一番のお気に入り。そして食べたい!「インドのオムそば飯の作り方」

↓↓↓


インドのオムそば飯の作り方

 

鍋の中に思い出が残ってていい感じです。

インドいきたーーい(笑)